FC2ブログ

太陽と海の恵み~女性の鍼灸院院長ブログ

東京の大森にある こころとからだの女性専門鍼灸(しんきゅう)院「はりきゅう しぜんの恵み」女性針灸師の日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「いつもツボに刺すんですか?」

治療中、
よくこんな事を聞かれます。

はい、
しっかり教科書に載ってるツボに刺す事もありますし、
身体の反応点に刺す事もありますよ。

と、さらっと答えてしまいますが、
これって実は、
「気ってなんですか?」
「なんで私たちって生きてるんですか?」
というレベルに難しく感じます。


「ツボってなんですか?神経ですか?」
という事もよく聞かれるのです。

一般的には電気反応の高いところで、
科学的にはしっかりと解明されていないらしい。

たしかに神経系が多く集まる場所でもあります。

神経系がわかっていない時代からのツボですが・・・。

人間が大陸だったらツボは駅の役割をしてくれて、
駅をつなげたら経絡という線路になってくれて、
身体の連絡や栄養やエネルギーを運んでくれるのです。


「じゃあツボってどうやってわかったのですか?」
という流れになります。

きっと今まで病気の人のデータに基づいてツボが発見されていったのだと思います。

反応点(皮膚の色、ざらつき、うぶ毛の生え方、凹凸があるか、など)と症状とを確かめながら、
そこを押してみて具合はどうか、
よくなるのかそうではないのかと、
作り上げていったのではないかと思います。


ごくたまに最近でもツボを発見されたりもします。

この症状の多くの人はここに反応点が出て、
ここを治療すると調子がよいなどと。

そのツボの名前を発見者の名前なんかにしたりと…。

「なんだか星みたいですね。」
ある患者さんがそう言った。


そうか。

『空が大宇宙としたら、人間は小宇宙。』

教科書に出てくるこのよくわからない哲学。

だったら人間の中に星があってもいいじゃないか。

今まで人間の中には、
みんな神様がいるから(ちょっと前の話ではトイレの神様とか…)という事や、
体内は循環しているからという解釈をしていたが、
空に太陽や月や惑星があるならば、
人間にだって、
それに対するものがあってもおかしくはないのだと感じ始めました。


そうなると、
惑星は五臓六腑かしらなんて患者さんと話ながら、
治療をすすめていくのでした。


110227_143824_convert_20110401124535.jpg


震災が起きた今、
自分に問う。

ではあなたの中の日本、東北は、
どのような状況にいるのか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://89shizen.blog20.fc2.com/tb.php/114-1d8f6f15

しぜんの恵み

Author:しぜんの恵み
はりきゅう しぜんの恵み
院長 須藤恵理子です。

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。