FC2ブログ

太陽と海の恵み~女性の鍼灸院院長ブログ

東京の大森にある こころとからだの女性専門鍼灸(しんきゅう)院「はりきゅう しぜんの恵み」女性針灸師の日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インターネットというものの見方が変わろうとされています。

少し前では、
ネット情報=デマというイメージも強かったと思います。

テレビや新聞では、
よくネットや携帯電話の危険性や、
恐ろしいイメージを取り上げられているようにも感じていました。

それもそうで、
ネットの拡大により、
新聞やテレビ業界への収益や需要が減ってきています。

そのため、
これまでのメディアにとってネットは最大のライバルなのです。

エジプトのデモが成立したのは、
ネットのおかげだと言われています。


今回の東北地方地震直後は電話も携帯電話も携帯メールも駄目でしたが、
ネットは繋がり、
様々なサイト(Twitter、mixiなど)や通信などにより確認が取れました。

そして今や情報はネットのほうが、
新鮮で手を加えていないものを入手できると感じています。

去年の11月くらいからTwitterを見る様になってから、
テレビ報道との大きな差を感じました。

テレビでの情報は、
何もなかった事のようにスルーされている事のほうが多い様。

日本は中国と違って、
情報がかなり規制されている事実に気づきにくいのかもしれません。


昔、
鍼灸の師匠から聞いた話を思い出しました。


ある若い歴史研究家がいました。

その方はまだまだ掘り起こされていない、
日本の真実を確かめたいという希望を持っていました。

ですが、
彼は気づいてしまったのです。

日本の国家や政府に都合の悪いものは全て削除されているという歴史を。

その越えられない壁を知った事で、
彼は研究の道を断念せざるを得なかったのです。


また、
私は鍼灸学校に行き始めた頃、
私の中で日本の医療の固定観念が崩れ、
信用できなくなっていました。

父はそれを見るや、
東洋医学に洗脳されていると言いました。

逆に考えれば、
私達は気がつけば西洋医学に洗脳されているとも感じました。

教育がそうでしたし、
何気なくテレビで流れている情報によって、
それが当たり前だと感じていました。



私達が何気なく見ている新聞やテレビは、
情報の制限があります。

タブーがたくさんあります。

もし政治的に売りたいもの(日本の外交に有利になるなど)や関連商品があれば、
その良さや機能を散々宣伝や説明するでしょう。

今回の震災の事に関しては、
ネット利用者とテレビ新聞利用者との
原子力発電の問題の認識の違いがはっきりと出たと思いました。

それに、
テレビ新聞業界は強い権力をお持ちのスポンサーが大きく絡むので、
それも気を使わなくてはなりません。



情報化社会と言われるくらいですから、
早いスピードで情報がどんどん変わっていってしまう時代です。

自分が年をとってきているから1年が早いのではなくて、
地球が年をとってきているから1年が早いのだと感じています。

今回の震災で、
朝のニュースと同じ内容を夜見るのでは、
もう古い過去の歴史になっていう事を痛感いたしました。


今までは勝手に流れていたものを受けとるだけでしたが、
これからは自分が欲しい情報を自ら信用できるところから得、
考える事が重要となってくると思います。



一人一人がジャーナリリズムを育てていく必要がある時代が来ていると思います。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://89shizen.blog20.fc2.com/tb.php/116-bb9ccc34

しぜんの恵み

Author:しぜんの恵み
はりきゅう しぜんの恵み
院長 須藤恵理子です。

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。