FC2ブログ

太陽と海の恵み~女性の鍼灸院院長ブログ

東京の大森にある こころとからだの女性専門鍼灸(しんきゅう)院「はりきゅう しぜんの恵み」女性針灸師の日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実家に拾ってきた猫がいます

117120273_244_convert_20100518192157.jpg

これは子供時代の写真ですが、
この頃の生き物ってほんとかわゆいですよね

母は私がなんとなく疲れている時は、
猫たちの様子を携帯で送ってくれます。
(母のカンは強しですね

母の調子がいい時はコメントに
猫の気持ち風で
語尾に「ニャン」までつけてくれるのです(笑)


現在4歳・・・
かなりでっかくなりました。
(好物はかつお節とチーズらしい)

100601_104142.jpg


背中に哀愁を感じます・・・

100103_082500.jpg

*撮影:母



私は物心ついた頃から猫が隣にいる生活をしていました。

小さい頃から思っていましたが、
猫って「何か」見ていますよね

「何か」をいつも目で追っているので、
私の守護霊(おじいちゃん)バレちゃってるんだな~っと
子供ながらに思っていました(笑)


3歳から飼っていた猫とは同じ目線の存在でした。

色々教えてくれたり、相談できたり、慰めてくれたり・・
本当に子供の純粋な気持ちで接していたからでしょうか、
人間と猫の不思議な信頼関係は確実に築き上げられていました。


高校生になったある時、
その猫が亡くなる夢をみました。

私は急いで猫のもとへ向かうと
祖母はその猫を抱いて一言、
「ご臨終です」
と私に告げました。

老衰だったのです。

寂しい時も辛い時も
私はこの存在に支えてもらっていたのですが、

私がもうひとりで歩いていける事を
その猫は悟ったのかもしれません。


その猫は祖母に抱かれて
息を引き取るのですが、
祖母はこんな事を言っていました。

「大きな深呼吸を3回したあと、
また息を大きく吸って
動かなくなったんだよ」

「・・・?」

その時は不思議でたまりませんでした。

吸ったら吐いて死にたいよなぁ



ですが、その後、鍼灸学校でその秘密がわかるのでした。


ツボは経絡という道すじの上にあります。

大森駅というツボだったら京浜東北線という経絡になります。

経絡には五臓六腑プラス1の基本線と
重要線(電車で言ったら山手線のような)が2つあります。

全部で14の経絡は、「肺」から始まるのです。

それは今産まれた赤ちゃんが「オギャー」と泣いて
初めて肺の経絡から循環しだすからです。

初めて泣く(呼ぶ)という事は息を初めて吐くという事になります。

そこから「生」が始まります。


死はその逆で吸う事で肺の経絡を閉じて
一生を終えるのです。

なので亡くなる事を「息を引き取る」だなんて言いますよね?

その逆は「息を吹き返す」。


こんな風に鍼灸論は宇宙論も語っている理論だったりするので、
私はそこに大きな魅力を感じたのです。

科学でわかる事もあれば、
そうでない事もある。




土に還った猫の凄まじい生き様は、
私のDNAにしっかりと刻まれています。

コメント

深イイ~ですなぁ(●^o^●)

いつも知識の多さに感心してブログを読まさせて頂いてます。

うちの実家も猫を暫く飼っていたのですが死んじゃう度に辛い思いをするからって、今は飼ってませんね。


また飼えばいのに・・・って思っちゃうんですけどね( ^)o(^ )



そういえばこないだの深イイ話でムツゴロウさんがこんなこと言ってましたねぇ。

ムツゴロウ「ペットはね、死ぬのが嫌だ、死んだらもう飼わないという人がいるんですけど、そこで諦めないで下さい、次を飼って下さい。」

ムツゴロウ「新しいペットを飼いますとね前のペットと繋がっているっていう事が分かるんですね。」

新しいペットを飼うと、その姿や仕草に、亡くなったペットの面影を感じながら思い出を忘れずにいられる

ムツゴロウ「今、ペットロスという事が非常に問題になってるんですね。」

ペットロスとは、ペットの死が原因でショック状態におちいり、人生を諦めたり病気になってしまうこと。

しかし、ペットが死んでも…

ムツゴロウ「それと一緒に生きた長い時間、共有したものそれがね心の遺伝子になってるんですね。
あらゆる命は繋がって続いていくものです是非ね、飼い続けて欲しいと思います。」

って。

なるほどねっと思いました。

Re: タイトルなし

いつもコメントありがとうございます!!

さすが知識人のへいさんですね!

ムツゴロウさんの話はたしかに!!って感じです。

今実家にいる猫達は
前回飼っていた猫達の生まれ変わりのように
毛の模様も性格も似ているから
また家族を守りに来てくれたんですな~
と思いました。

(やっぱり次飼うまで数年かかりましたけど)

ムツゴロウ+猫=「子猫物語」を
思い出します。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://89shizen.blog20.fc2.com/tb.php/15-c290f23c

しぜんの恵み

Author:しぜんの恵み
はりきゅう しぜんの恵み
院長 須藤恵理子です。

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。