FC2ブログ

太陽と海の恵み~女性の鍼灸院院長ブログ

東京の大森にある こころとからだの女性専門鍼灸(しんきゅう)院「はりきゅう しぜんの恵み」女性針灸師の日々

お買い物途中の道に花屋さんがあります

いつもそこを通るのがひそかな楽しみなんです。

そこのお花屋さんが数日お休みするという事を
お店の方とお話をしていたのですが、
ユリとカラーを1本50円にまけてくれました

(ちなみに普通ユリなどは1本600円くらいでした。。)

100519_160839_convert_20100520102243.jpg


その日の患者さんにも
「花があるといいですね
なんてお声をいただきました。

たしかに場が全然ちがうな~なんて感じています


最近はフラワーセラピー(花療法)や
お花のアロマ、エッセンスなどで
人の健康に効果をあげているようですね。


ひまわりは夏バテによいとか、
ユリは代謝機能を高めるとか、
カーネーションは体内の毒素を排出するとか・・・

有名な効果は私も聞いた事があります。



もちろん、この前の話のように
カラーセラピーなども取り入れているのですが・・・


オーラの色を兼ねていたり、
風水だったり、
色々な考えをもとに構成されています。



よく耳にする色の使い方はこう考えられているようです。


白    「清純さ」や「純粋さ」を象徴します
     協調性もあり最も使いやすい色となります
     落ち着きたい時や新しいことを始めたいとき
     血圧を安定させる効果もあるので、体調の良くない時に飾るのも 
     食欲をおさえる効果もありますので、ダイエットにもむいています

 

青    理性を象徴する青は、鎮静効果の強い色です
     高ぶった神経を抑えたり、自律神経のバランスを整えます
     寝室に飾れば安眠効果も得られます



赤    情熱、活発な色として知られています
     積極的な行動をしなければいけない時や、朝一番でしようする洗面台に置くと
     低血圧の方には 効果的です。
     大脳を刺激する働きがあるので、血行促進や食欲増進などの効果がえられます



ピンク  幸福や優しさをイメージさせる色です
     恋愛の色とも知られ、情緒を安定させます
     失敗して落ち込んだときなど、一輪だけでも励ましてくれます
     中間色なので飾る場所は問いませんが、
     リビングや寝室などで他の色と一緒に飾るのが良いです



紫    青と同様「抑える力」が強いのがこの色の特徴です
     または高貴でスピリチュアルな色としても知られています
     赤と青からなる色ですので、バランスを考えて選ぶことが重要です
     書斎や寝室などに飾るのも良いでしょう



緑    穏やかさの象徴とされています
     本能的に安心する色でもあります
     赤の補色であることから疲れ目のかたやリラックスしたい方にオススメです
     バスルームやリビングがよいでしょう



黄    自律神経を刺激し、胃腸の働きを活性化します
     排便を促す効果もあります
     目覚めを良くし、元気が出る色です     
     不安や孤独感に対して希望や賑やかさを感じさせます



オレンジ  赤が強く感じてしまう人にオススメです
      人間関係の疲れなどを癒します
      下腹部、生殖器(子宮)などの浄化などに効果的です
 


東洋医学でも色の考えがあります。

陰陽五行説といい、
大きく5つの分類されます。

青  木:肝臓(または胆嚢)
     眼、血液の調節、精神の安定、睡眠などに関与します


赤  火:心臓(または小腸)
     循環器、神経系、舌、顔の色つやなどに関与します
  

黄  土:脾臓、膵臓(または胃)
     消化器、口、唇、代謝機能などに関与します


白  金:肺(または大腸)
     呼吸器、鼻、皮膚、体毛などに関与します


紫  水:腎臓(または膀胱)
     生命力、水分代謝、生殖器、耳、髪の毛、骨などに関与します



色々と効果を考えて
色を選ぶのもいいでしょうが、
一番はふと手に取るものがいいですね

直感といいましょうか、
頭だけで考えない事も時には必要なのでしょう

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://89shizen.blog20.fc2.com/tb.php/17-3d3e9aa6

しぜんの恵み

Author:しぜんの恵み
はりきゅう しぜんの恵み
院長 須藤恵理子です。

QR