FC2ブログ

太陽と海の恵み~女性の鍼灸院院長ブログ

東京の大森にある こころとからだの女性専門鍼灸(しんきゅう)院「はりきゅう しぜんの恵み」女性針灸師の日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日に以前から行きたかったミュージカル、
『ライオンキング』を観賞してきました


でも待ち時間があったため、
近くのコーヒーショップで朝食済ませてから
浜離宮へ

(ここも以前から気になっていて、
会場からなかなか近かった・・・)

5.jpg

入場料300円を払って中へ・・・

この日はかな~り熱かったのに
木達のおかげで風が気持ちいい・・・

木漏れ日もたまらない~。。

樹木の甘い香りもナチュラルアロマになっていました



6.jpg

ここはビルとかあって都会なのに
ワープしてしまったようです

そんな感覚が皇居にも似ていました。

(そこもお散歩にはいい所でした)



7.jpg

こんな所でお茶やお菓子が堪能できる
今度はゆっくり来よう・・


8.jpg

300円払って300年の松が見れる

まるでピラミッドのような形でした。

松は300年経つとピラミッドになってしまうのか・・・



そんなこんな考えている間に時間は近づき、
ちょい小走りで劇団四季会場『春』に着きました

9.jpg

実はこのミュージカル2回目で、
たしか7年前くらいにみたような・・

その時も感動した記憶はあったけど・・・


今回は涙腺が故障し、
オープニングからまさかの号泣(笑)

それから隣の子供と張り合うように
涙を流し続け、3時間・・・
(途中トイレ休憩有り)

まだまだ若いと思っていたけど、
全てが胸に突き刺さって
7年前から成長できている気がしてよかったと思える日でした。

(ただ単に涙もろくなっているのではないか・・・


私がお気に入りのシーンは第1幕の終わり、
主人公シンバが成長する瞬間。

「命の成長って尊い・・・(涙涙涙)」

思わず母心で観てしまうミュージカル。

(節々に大西ライオンが頭をよぎってしまいますが・・

辛いこと、悲しいことを
どう味方につけて
強くなって生きていくかを問いかけられていると感じました。


それからミュージカルはなんてパワフルだ事

俳優さん達の魂のぶつかり合いです(笑)

人間は自分を表現する時が一番パワフルなんだなぁ、
その姿だけでも涙の嵐です。

『CATS』のミュージカルを観た後も
パワーをいただいてフワ~と帰ってきました。

今回も涙が色々なものを出してくれて、
身体がシュワシュワいいながら活性化されて
何とか帰ってこられました




今度はこれを母と一緒に観に行きたいなぁ。

ディズニーの映画の中で最初にミュージカル化されたもので、
私も大好きなストーリーです

10.jpg

コメント

浜離宮・・・いいとこですね(●^o^●)

近くにこんなのがあったなんて!

写真観ているだけでも癒されるというか心が落ち着くって気がします。

ミュージカルって行ったことないのですがいいらしいですね(^.^)/~~~


ところでいつも号泣してますね(笑)

たしかアリスインワンダーランドでも号泣でしたよね(これも観てないんですが)


涙腺弱いんですね(^v^)

自分も涙腺はかなり弱いです(-_-;)

泣くことは、心の痛手から立ち直るために、生まれながらにもっている癒しのメカニズムなんですよね。

悲しいから泣く、寂しいから、怖いから泣く…というより、泣くことによって、心に溜め込まれた悲しさ・寂しさ・恐怖といったマイナス感情を吐き出し、心が傷ついてしまうのを防いでいるとのこと。

だから我慢することはなく、泣きたいときはとことん泣けばいいんです。



大井町に劇団四季ができるんですね♪昔有楽町にもありましたよね・・・

Re: タイトルなし

実は前、患者さんに浜離宮をすすめられていたのです。

そしたら(自然大好きな)同業の子もいいよ!と教えてくれたのです。


ほんと最近よく感動して泣いてるので、
きっといい人生だと思います(笑)

実際のところ20歳くらいまでは
絶対泣かなかった女の子だったのです。

母曰く、赤ちゃんの時もほとんど泣かない、
手の掛からない子供だったそう・・・

泣く=負けだと思っていたのでしょう。

ですが、20歳の時にある鍼灸師の方に
「泣いたほうが、自分にとっていいんですよ」と、言われてから
素直に涙したほうがお得だな~と感じて
本でも映画でも感動できるようになりました。

それからもっと人生がダイナミックに感じられるようになりました。


「美女と野獣」は大井町の劇場らしいですよ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://89shizen.blog20.fc2.com/tb.php/30-6c2bfa0e

しぜんの恵み

Author:しぜんの恵み
はりきゅう しぜんの恵み
院長 須藤恵理子です。

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。