FC2ブログ

太陽と海の恵み~女性の鍼灸院院長ブログ

東京の大森にある こころとからだの女性専門鍼灸(しんきゅう)院「はりきゅう しぜんの恵み」女性針灸師の日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうすぐ入梅しますね

17.jpg


梅雨はなんだか憂鬱な時期ととらえがちですが、
自然界は夏に向けて、栄養補給の大切な時期ですね。

もちろん、人間の身体も
今が夏を快適に過ごせるかの勝負の時期です

6月に入ると
日本は湿気もぐんと上がります

空気や皮膚がジメジメするだけではなく、
もちろん体内もジメジメします



東洋医学では湿気に相当する「湿邪」に弱い臓器として
「脾と胃」があげられています。

「脾と胃」はおもに消化活動をしています。

なので、ここが湿に影響されてしまいますと
むくみ、下痢、だるさ、関節が痛い、おなかが張る、肌のトラブル・・・

などの病院へ行くほどではないけど、
不調が続いてしまいます。

余分な水分がたまりやすい時期なのです


脾と胃が弱ってしまいますと
食べたものからうまくエネルギーが回らないので
身体はエネルギーの高い甘いものがほしくなるサインを出して、
太る可能性もあるのです・・・

要注意人物として
むくみやすい人、皮膚が冷たいなどの低体温な人、
体表面が柔らかい人・・・です。
(私もこのタイプであります・・・

16.jpg


体は冷やす除湿ではなく、
温める除湿をしましょう

綿のインナー、腹巻で保温したり、
へそ下の丹田という場所に小さいホッカイロをはったり、
足首を冷やさないような服装を心がける事も大切です。


食材としてあげれば、
脾と胃のエネルギーを高める
自然な甘さを含むものが良いです。

例えばお米、にんじん、さつまいも、かぼちゃなどです。

もしくは香りのするもので、
生姜、にら、しそ、とうがらし、山椒が消化機能をあげるとされています。

プチ薬膳を取り入れるのもひとつです


除湿、消化機能を活発にするツボとしては
これらがあります。

①豊隆(ほうりゅう)
すねのやや外側、筋肉の一番盛り上がった所。

②三陰交(さんいんこう)
内くるぶしの一番高いところから、指4つ分上がった骨の際。

③陰陵泉(いんりょうせん)
内くるぶしの延長線上ですねの内側でひざ下の骨のやや前下。

shitujatubo3-2.png

ご参考までに


みなさんが夏に向けてエネルギッシュで快適ライフを
過ごしていただける事を願います

18.jpg

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://89shizen.blog20.fc2.com/tb.php/34-06855b5e

しぜんの恵み

Author:しぜんの恵み
はりきゅう しぜんの恵み
院長 須藤恵理子です。

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。