FC2ブログ

太陽と海の恵み~女性の鍼灸院院長ブログ

東京の大森にある こころとからだの女性専門鍼灸(しんきゅう)院「はりきゅう しぜんの恵み」女性針灸師の日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お友達の娘さんにお会いしてきました

DSCF7236_convert_20100614185544.jpg

こんなに赤ちゃんを可愛いと思ったのは初めてというくらい、
ニコニコしている赤ちゃんでした

まだ生後3ヶ月だというのに、
一瞬(眠いから?)グズる程度で、
大泣きもせずに私と遊んでくれました(笑)

この子はどんな人になって
どんな人生を作っていくのだろう・・・
と、ワクワクしてしまいます

(そして成人したら私は何歳なのだろう・・・



赤ちゃんはどうして赤ちゃんというのかというと・・・
一番生命力に溢れているからなのです


人間は陰陽のエネルギーをバランスよく持っているのですが、
赤=陽の色なので
赤ちゃんは別格で陽の割合が多いのです。


赤ん坊は体内で
お父さん、お母さんから腎のエネルギーをもらいます。

腎のエネルギーのなかでも陰と陽があり、
腎は陰の勢いが大きいのです。

また、腎陽(温める力)は「命門の火」と言われる生命力なのです

しかし、これは死に向かって少しずつ減っていくものなのです。

赤ちゃんはこの腎陽の勢いが大きいので
あたたかくて、生命エネルギー満タンだから
泣いたりして発散しているのですね
(同時に浄化しているようです)




ところでみなさんは何歳から記憶がありますか

私は2歳くらいからなら記憶が曖昧に残っています。

(歩くのが面倒だからだっこされて寝たふりしていたら、
 母が父に「荷物と交換して」という会話が聞こえ、
 やんわりショックだったのを覚えています・・・

ですが、中にはお腹にいた事を覚えている人もいます。

私の姪は覚えていて、
「お腹はあったかくて暗くて道がせまかった」
とこっそり教えてくれた事がありました。

ある友人は0歳は暇すぎて、
天井の柄の点の数を数えていた事を覚えているそうです

言葉はしゃべれないけど、
大体しゃべっている内容の意味はわかるそうです。

おそるべし、赤ちゃん・・・


以前におもしろい本を読みました

池川明 著書の「子どもは親を選んで生まれてくる」です。

41RPY7UhvuL__SL135_.jpg

この本はお医者さんが
お腹にいる時やその前を覚えている子供達の
記憶を集めた一冊です。

どうやらどんな子でも
目的を持って生まれてくる事を決めてきたようです

しかも自分でどこに生まれようか、
下見したり、兄弟達とも約束もしてくる子もいるそうです。

(・・・すごい世界だ・・・

これが嘘か否かというよりは、
自分の子供や自分の人生を考えるきっかけに
なるのではないかと思います。



DSCF7237_convert_20100614185640.jpg

↑フェイントで泣くので(ほんとは泣いてない)
 頭の中は普通に大人で、
 しぐさもおっさんみたいでした(笑)

おそるべし、赤ちゃん・・・

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://89shizen.blog20.fc2.com/tb.php/36-f99e0158

しぜんの恵み

Author:しぜんの恵み
はりきゅう しぜんの恵み
院長 須藤恵理子です。

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。