FC2ブログ

太陽と海の恵み~女性の鍼灸院院長ブログ

東京の大森にある こころとからだの女性専門鍼灸(しんきゅう)院「はりきゅう しぜんの恵み」女性針灸師の日々

こんにちわ

GWだったのにもう週末ですね

みなさんGWネタに花を咲かせていたので私も・・・と思ったのですが、
GWは仕事のためあまり出かけられず

なのでGWネタをひとつ・・・(笑)





4月には珍しい天気のいい日曜の朝、
鎌倉へ向かいましたとさ

江ノ電は風情があってとても人気なんですね。
私もいつかこの周辺で小説書きたいです(笑)

DSCF6958_convert_20100508003147.jpg


七里ガ浜駅を降りて「bills」で朝食

オーガニックとは聞いてたものの、
これが素朴な素材そのものってお味で心もほっこり
しかも海が見える窓辺で食べるパンケーキは最高でした。

pan.jpg



「bills」の出口です。
ここにいると異邦人な気分です

bills.jpg


そして海辺にて食休みをするのです。
気をきかせてレジャーシートを持参

かれこれ、たそがれ30分・・・
このまま海に飲み込まれてしまうではないか、と
不安になるほどの一体感

DSCF6969_convert_20100508003456.jpg


その後再び江ノ電にて江ノ島へと向かい、
ゆっくり散策。。。
(今回の目的は鍼灸の今のスタイルを広めた杉山和一氏の石を見に行くための小旅行)

enosima.jpg


しかしドっと身体が重くなってだるくなって眠くなって急遽帰宅
(しっかり睡眠とったのに・・・

海に入った後のような感覚になりました

次の日は嘘のようにとっても元気でした

その時私は海のおかげだと気づきました



私は仕事柄、患者さんから邪気(不要な気)をいただく事があります。

それ以外のものも含め、
たくさんの不要なものを海は持っていってくれました。



よく、山は癒し、海は浄化だなんてTVなどで聞きますね。


山にはたくさんの緑があり、新鮮な空気があります。

東洋医学では人は空気を吸い、
その空気を肺で気に変え、
全身へシャワーのように注いでいます。

だから良い気が身体を巡り、
心身ともに癒しを体感するのです。


海は水、塩分が含まれます。

身体の中や皮膚に塩水を含むと、
塩は身体の中のいらない水分を吸ってくれます。
腎がその水分を外に排出してくれたり、
肺が水を蒸気に変えて外に吐き出しています。

または外から太陽が照らしてくれて皮膚から余分な水分を出して行きます。

まさにデトックス。
浄化ですね。


それ以外でもたくさんの目に見えないもの達が私達の身体を支えているのでしょう


鍼灸でもその治療後は海に入った後のだるさが出る事がよくあります。

しかもその方は身体を酷使されている方ばかりです。

鍼灸後のだるさは海と同じ様にデトックス状態と言えます。

疲れや症状を「小出し」にしていかなくては身体の容量オーバーとなり、
ギックリ腰やいわゆる大病に発展してしまうケースがよくあります。

今まで感じなかった隠れた症状を治療後に感じ出す事もあります。

人間疲れている時は色々な面で鈍感になっているものです。

ですが、痛みや不快な症状は人の身体を護るためにある様なものです。

見たくないものに蓋をしてしまうと、
それは気づかないうちに育ってしまって、
その頃には手をつけられない状態になる事はよく聞く話です。。
(病気以外の事でも全てにおいてですね) 


しっかりと身体と心のサインを見落とさずに生活するのは
現代人には難問かもしれませんが、
花を飾ったり、塩風呂に入ってみたり、
生活にひとつ自然をプラスしてみてください

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://89shizen.blog20.fc2.com/tb.php/4-b30e245b

しぜんの恵み

Author:しぜんの恵み
はりきゅう しぜんの恵み
院長 須藤恵理子です。

QR