FC2ブログ

太陽と海の恵み~女性の鍼灸院院長ブログ

東京の大森にある こころとからだの女性専門鍼灸(しんきゅう)院「はりきゅう しぜんの恵み」女性針灸師の日々

少し前の事、
かつては劇団の道にいた、
同業の友人に連れられて、
劇団四季の「スルース」を観賞してきました。



img_010.jpg



世界で何度もリメイクされている作品ですが、
内容はおもしろかったので触れません(笑)



本当に体力勝負だなぁと思った作品でした。

特に下村さん(左の方)の演技は隙がなく、
緻密に計算されて周りを確認しながら動き回る役でした。
(元アスリートならでは・・・かもしれません)



長くスピードのある台詞に
少ないキャスト、
そして間の取り方の重要さ・・・。

人と人の間、
音符と音符の間、
もしかしたら何もないこの静寂の間がとても重要で、
何かを作り出しているのかもしれません。

目には見えないけれど、
間によって様々なものが変わってしまう世界。

それは私たちの世界の中でも同じことが言えますよね。



とてもこじんまりした舞台が
さらにぎゅっと凝縮するような、
二人の役の心の裏側に引き込まれるような舞台でした。



きっと舞台は毎回違うもので、
生ものだから楽しめるのだと思いました。

歌い人のライヴもそうだと思います。

そして、
小さい世界ながらも治療も同じ事だと言えるのです。



101103_144604_convert_20101118164607.jpg101103_144622_convert_20101118164644.jpg



同じ症状に同じツボで同じ人でも
毎回同じ状態になるとは限りません。

舞台もライヴも治療も
いつも素晴らしいのがいいのでしょうが、
その季節の、
その体調の、
今日の、
それぞれの違った状態があるから素晴らしさを感じれるのだと思いました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://89shizen.blog20.fc2.com/tb.php/91-38d6535a

しぜんの恵み

Author:しぜんの恵み
はりきゅう しぜんの恵み
院長 須藤恵理子です。

QR